避妊薬の種類と違い|トリキュラー(避妊薬)で避妊/低用量ピルとアフターピルの違い

トリキュラー(避妊薬)で避妊/低用量ピルとアフターピルの違い

茶色のカプセル

避妊薬の種類と違い

水と薬

避妊薬には低用量ピルとアフターピルの2種類があります。
どちらも女性が服用することで避妊効果を発揮する医薬品なのですが、用法用量や使用目的は違うので注意しましょう。

まず低用量ピルですが、これは毎日1錠ずつ飲み続けることで効果を発揮します。
アフターピルと比較して、性行為の前に服用するピルとも言われますが、直前に1度服用したからといって効果を発揮するものではないので注意しましょう。
毎日しっかり服用すれば効果を発揮してくれますので、特に服用する時間帯やタイミングは決まっていません。
みなさんが忘れずに服用できるタイミングで習慣づけておくといいでしょう。
低用量ピルを服用していくことで、ホルモン環境を妊娠した状態に近づけることができます。
これによって着床や排卵を抑制してくれるほか、生理痛やニキビの解消にも期待できます。

続いてアフターピルですが、これは性行為後に服用することで効果を発揮します。
こちらは毎日服用し続ける必要はなく、1回の服用で効果を発揮してくれます。
緊急避妊薬という別名があることからもわかるように、こちらは予期せぬアクシデントによって妊娠する可能性がある場合に服用するものです。
性行為をしてから72時間以内に服用すれば高い避妊効果を発揮してくれますが、服用するタイミングが早ければ早いほどその効果も高まります。
そのため、何かあってもすぐ服用できるよう、アフターピルを常備しておくのがいいでしょう。
ただし、最初からアフターピルに頼り、避妊を怠ってはいけません。
低用量ピルにも言えることですが、避妊薬はほぼ100%に近い避妊効果を発揮してくれますが、100%ではありません。
失敗する可能性もあるので、頼りすぎるのは避けるべきでしょう。

アフターピルは緊急時に服用することが望ましいため、ふだんから服用できる低用量ピルを使用する人が多いです。
トリキュラーはそんな低用量ピルの中でも人気な避妊薬ですので、ぜひ覚えておきましょう。