避妊薬で妊娠を回避|トリキュラー(避妊薬)で避妊/低用量ピルとアフターピルの違い

トリキュラー(避妊薬)で避妊/低用量ピルとアフターピルの違い

茶色のカプセル

避妊薬で妊娠を回避

カプセル

避妊薬は女性が服用する医薬品で、着床や排卵を抑制してくれるのです。
避妊成功率も非常に高い点も優秀ですが、それよりも女性の意思ひとつで避妊できる点が重要です。

コンドームは男性器に着用するため、どれだけ女性側が避妊を望んでも、男性側が聞く耳を持たなければ意味がありません。
付き合っているパートナーと性行為をする場合はコンドームの有無でもめることもそうないかと思いますが、問題は性的暴力などです。
ただ男性が欲求を満たすためだけにおこなわれるため、女性の意思は一切関係ありません。
もちろんそのあと付き合うわけでもないので、男性からすれば女性が妊娠しようと関係ありません。
決して許される行為ではないですが、悲しいことにこうした事件は今でも起きています。
そんなときに避妊薬が便利です。
女性が服用してしまえばそれで妊娠を防いでくれますので、精神的な傷を多少なり抑えることができるでしょう。
いざというときのために避妊薬を常備しているという女性も少なくありません。

もちろん信頼できるパートナーとの性行為時にも避妊薬は活躍します。
体質的にコンドームが合わない人や、コンドーム無しでの性行為を楽しみたい場合などに使用することができます。
また、万が一コンドームが途中で破損してしまったときの保険として服用する人も多いです。
ただし、避妊薬には低用量ピルとアフターピルの2種類があり、使い方がまるで違います。
避妊薬を使おうと考えている場合は、まず低用量ピルとアフターピルの違いをしっかり理解しておきましょう。