トリキュラー(避妊薬)で避妊/低用量ピルとアフターピルの違い

茶色のカプセル
カプセル

避妊薬で妊娠を回避

避妊薬は女性が服用することで避妊できる医薬品ですが、女性の意思で避妊できるという点が非常に大きな意味を持ちます。性的暴行や性行為時のアクシデントがあっても、意図しない妊娠を防ぐことができるのです。

水と薬

避妊薬の種類と違い

避妊薬には低用量ピルとアフターピルの2種類あります。使用目的および用法用量が違うため、どちらを利用するにしても正しい目的・方法で服用するようにしましょう。どちらも高い避妊効果がある点は同じなので安心してください。

薬手帳と薬

避妊をする方法

性欲を満たすため、パートナーとの愛情を深めるため、子どもをつくるため。
人によってどんな目的で性行為をおこなうかは違います。
本来、性行為は子孫を残すためにおこなわれるものですが、最近は妊娠を望まない性行為が増えています。
パートナーとの関係性を深めるためであったり、遊び感覚で性行為をする人が増えているのです。
そのため、ほとんどの男女が避妊をしたうえで性行為を楽しんでいるのではないでしょうか。

避妊具として最も有名かつ利用者の数が多いのがコンドームでしょう。
男性器に着用することで、射精しても受精を防ぐことができます。
コンドームは非常に優秀な避妊具でありながら、コンビニや薬局などの身近な店舗で簡単に購入することができます。
ですが、コンドームも所詮はただの道具であり、ただの物です。
使用している最中に破損しないとも限りません。
途中で外れてしまうことがあるかもしれません。
そうなってしまうと避妊具としての役割を果たすことはできず、予期せぬ妊娠をしてしまう危険があるのです。
そこで、今回オススメする避妊方法が、避妊薬を服用することです。

避妊薬は女性が服用する医薬品で、性行為をする前、もしくは後に服用するだけで妊娠を防いでくれるのです。
避妊薬には低用量ピルとアフターピルがあります。
トリキュラーは低用量ピルとして有名で、性行為をする前に服用すれば高い確率で妊娠を防いでくれます。
コンドームだけでは不安だという方や、コンドームを着用しての性行為が苦手だという方は、トリキュラーを使って避妊してみてはいかがでしょうか。

瓶から出ている白い錠剤

コンテンツ一覧

「トリキュラー(避妊薬)で避妊/低用量ピルとアフターピルの違い」のコンテンツ一覧です。」